<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

OMG!!!!!!!!!!!

ショーック!!!
かなりのダメージ受けています。
私の大事な大事なmac君が壊れました。。。
ううううううううぅ!(泣き崩れる)

今日は朝10時(mac storeオープンの時間ね)からなんと2時半までgenius barにいました。
あそこのにぃちゃんたちはみんなやさしいのだな。
ハードディスクをリプレイスでございます。。
そして今まで一度もバックアップしたことも無い私。
慌ててその場でハードドライブを購入でございます。。。

そしてmac君は旅に出て行きました。
7〜10daysで帰ってきてくれるそうです。

しかし突然起こった悲劇。
「どうしてこんなことになるのぉ〜!」とうるうるする私にgenius君は「君は何一つ悪くないんだよ。これがコンピューターのネイチャーなのさ。」と言いました。

しかし悲しんでばかりもいられません。
明日は海のバースデイBBQ、しかも今日はまた5人ばかりhome boysがお泊まりでやんす。。
[PR]
by maivenice | 2006-01-29 10:42 | 日々の事

mother  最終回 (とりあえずね)

今日はカイの誕生日。
15才になりました!パチパチパチ〜〜!ひゅーひゅー、ドンドンドン!!

そして遅ればせながら私の2006年の目標できました。
それは、じゃ〜ん!”こぶしがまわるようになる”なのです。
そして沖縄民謡を歌う。
はい。
日々練習に明け暮れる中(ウソです)、おかんはやってきました。
なんと関東は大雪!
、で3時間弱遅れてきました。
でも元気。1年ぶりに会ったけど、若返っているんじゃ、と思わせるほど元気。

私は茅ヶ崎生まれで、その頃パシフィックパークのすぐそばの家に住んでいたのですね。
兄貴達はいたずら盛りで毎日大騒ぎだった。
その家には長い廊下があり、それに伴って広く長いしろい壁があった。
ある日、兄貴X2はそこに絵を描いたのだ。それも思いっきり。
おかんは「なぁにやってるの、あなたたち!絵は紙に描きなさい!」と当然の言葉。
しかし、一番上の兄が「だってボクは海を描きたいんだもん、あんなにひろい海を小さい画用紙には描けないよ。」と言ったのです。
そしておかんは「あら、それはそうね。」と納得。
その廊下は引っ越しするまで消されることなく、魚なんかも増えたりして海と化していました。
どこまでもポジティブな人なのだ。

私は高校になると波乗りばかりして、学校もしょっちゅうさぼっていた。
酒、たばこが見つかり1週間(2週間だったかも?)の停学になったとき、本当は家でずっと反省日記を書きながら謹慎していなければならないのに、毎日サーフィンしていた。
楽しかったなぁ!
先生がやってくる時間は大抵わかっていたのでその時間帯だけ家にいるようにして。
波チェックには原チャリで行きました。無免許、ノーヘルで。
1回だけ、近所に住む科学の先生に出くわした事があったけど、見て見ぬふりをしてくれた。
もう関わりたくなかったのか。。どっちにしてもサンキューやで、本村先生!
そんな私なのにおかんは何も言わなかった。これすごいなぁって思う。
学校さぼって波乗りしたり停学中に波乗り三昧、しかも原チャリ乗りまくり。
どーしょーもないアホです。
でも家の手伝いはいつも以上にしてましたよ。

そのあと、父の仕事の関係でテレビに立て続けに出た事があった。
即呼び出しをくらったのですね。学校から。
おかんと私は園長室に呼び出され、担任、理事長、園長の3人を目の前に長テーブルに座らされた。そして理事長が長々と、テレビに出るのはいけない、他の子へのしめしがつかない、学風に反してるみたいな事を延々と話した。そしてお決まりの始末書を出された。
おかんは話が終わるまでじっと聞いていましたね。
ザ、嵐の前の静けさ!
「先生方、娘は花屋の娘がお店を手伝うのと同じように、主人の仕事の手伝いをしたんです。それがたまたま人様の前に出る事だっただけで、なにも悪い事はしておりません。なので始末書なんて書きませんし、これからも主人の仕事関係で手伝いわなければならなくなったらどんどんテレビにも出るでしょう。そしてそのたびにこうして呼び出すのは止めて頂きとうございます。」
と一気に言いました。でもこれで終わりではなかったのだ。
「それから理事長先生、人と話をするときはきちんと目を見て話してください。さ、マイ帰るわよ。」と言い放ち、その部屋を後にしたのです。
その理事長先生、話の間、目を見ないというかきょろきょろしていたのです。たぶんびびっていたのでしょう。

そのあと、卒業までもう呼び出される事は無かった。
しかしワルな子供たちを持ちながら、いつも堂々と先生にでも意見をビシバシ言う姿はかっこよかった、というか驚きです。へーこらしている彼女を見た事がないのですね。
すごいなぁ。

ちなみに”おばさん”とか”おかあさん”と人から呼ばれるの大嫌いです。”おばさん”って呼ばれると周りを探すし。。
私の友達で”おかあさん”って呼んだりする子がいると、「あら、私あなたのお母さんじゃないわよ。ヒロコさんて呼んでちょうだい」って言う。。
孫には当然”おばーちゃん”とは呼ばせず”まーま”と呼んでいるカイとカノアです。

今彼女はここベニスでバリバリに元気に、そして大声で笑って、みんなを褒めています。
掃除もしまくっています。
おかん、すごいぜ〜〜!
We LOVE おかん!!

神経衰弱やってる横で寝る邪魔な2人。
c0048504_7481145.jpg

[PR]
by maivenice | 2006-01-25 07:50 | 家族

mother 3

私が小さい頃、おかんは毎晩寝る前に絵本を読んでくれたのだなぁ。
今でも覚えているほどのお気に入りは「わたしとあそんで」っていうのと「マッチ売りの少女」。
おかんは本を読むのがとてもうまい。感情移入しまくりで読むのだ。
なので「マッチ売りの少女」の時はものすごかった。いつも同じ所からもう大泣き声で読む。最初は私もあまりのかわいそぐあいに大泣き。でも何回も読んでいるとけっこう冷静に「うんうん、次にかわいそうなとこね。」と頭の中で思ったりして。しかしおかんは毎回、何度よんでも最後のクライマックスのころにはもう大泣きなのだった。鼻までかんでるし!

ともかく感情移入が激しく、私がお産の時(カイの時もカノアの時も!)にも感情移入しすぎて私と一緒に苦しんで貧血で倒れて隣の部屋で看護婦さんに寝かされいた!

おかんはよく笑い、よく泣いて(大体がテレビとか映画を見ていて)いました。
でもあんまり怒らなかった。家は父がよく怒っていたので。

私は勉強をぜんぜんしなかったけど、一度も言われた事ないのだ。成績にケチをつけられた事も全くない。あきらめの境地だったのかもしれないけどな。
でも礼儀に関してはものすごくうるさかった。
挨拶はもちろん、食事中のマナーなんかも徹底してうるさかったのだな。
我が実家も子供達のたまり場になってたけど(それも3人兄妹の友達が毎日たくさん!!)、その友達たちにも礼儀が悪ければがんがんしかってましたね。挨拶、ちゃわんの持ち方、などなどとても細かく。
電話も相手より先に切ってはいけない。向こうが切ってから3秒数えてから切りなさい、とか。一度、電話で「じゃねー、バイビー」なんていってガチャンとさっさと切ったら、もう大変。
「かけ直しなさい、そして謝ってやり直しなさい」と怒られ、かけ直しましたとも。「さっきは先にきってごめんなさい」と言いましたよ。電話の向こうで友達はきょとんだったはず。
そのへんは本当に厳しかったのですね。

そして彼女は異常なほどの褒め魔でもあるのです。
勉強でもスポーツでも、うまくいってもいかなくても、ともかく褒める。他人でも褒める。
有頂天になるほど褒めてくれます。それは今も変わらず。私もディーンもカイもカノアも褒めちぎられています。
困るのはあげ魔でもあること。
なんでもかんでもどんどん人にあげちゃう。使おうって思ってた物でもあげちゃう。。

父のことを子供の前で悪く言った事もなかった。
雷オヤジだし、がんこだしすんごい寺内貫太郎な父なんですけどね。(孫ができてからはメロメロの甘いグランパに変身しましたけど。)
私たちがそういうこと言うとかばうし、父を立てるのですね、すごく。
だから私たち子供も素直にいつも父はすごい、ありがたい、尊敬!という気持ちが強いのだな。

うぅ、今日でおかん話は完結しようと思ってたのだけど。
こうして書き出してみると、出てくる出てくる!
まだまだすごいのが残っているのです。
しつこく続きます。
本人は明日ベニスにやってくる。

Photo by KANOYAMA
c0048504_726319.jpg

[PR]
by maivenice | 2006-01-21 07:34 | 家族

mother 2

両親は東京で新婚生活を過ごし、子供2人を産んだ後茅ヶ崎の海のすぐそばに引っ越すのです。そこで私が産まれたのですね。サッポロ軒のすぐそばの産婦人科で。(ってめちゃローカルな話やん!)
父はとても多忙な人で家にはほとんど居なかったので、おかんは子供3人抱えて大変だったと思います。しかも次男が半端じゃないワル。隣んちの塀を壊して車の中にカギをかけて(もちろんそのカギを持ち込み)隠れる、まだ1才くらいの妹(私ね)を引きずって近所の友達の家におやつを食べに行く(このときはかなりの大騒ぎだったらしい。突然子供2人が行方不明で近所の人がお兄ちゃんが妹をズルズル引きずって横断歩道あるいているところを目撃して、その方向から友達の家に電話したらおやつを食っていたという事件)、幼稚園で先生を脅す。。。など奴の武勇伝もすごいのですけどね。
そして家はいつもお客さんが絶えない家でもありました。本当に大騒ぎの日々。

茅ヶ崎の家から今度は鵠沼に引っ越しました。
私たちの学校は歩いて20分ほど。おかんはなにかあるとチャリで学校に来るんだけど、夏なんかだとその格好がもう!ジーンズを切ったホットパンツ(こういう名前だったの!)にタンクトップで、私を見つけると大きな声で”マイちゃ〜ん!”などと呼びながら来るのですね。恥ずかし〜!
おかんに「学校に来るときはもっとお母さんっぽい格好で来て」お願いしたのは1回ではありません。「お母さんぽい格好ってなに?」と聞かれて「着物とか」とマジで答えた私、笑い飛ばされました。

長男はすごく優秀。頭もいい、スポーツ万能、手先も器用なすごい奴。
次男はしょっちゅうケンカと勘弁ボーズ。停学も一度ではありません。
そしてやっぱりワルな私に先生は「お前はどうして長男に似ないで次男に似たんだ。」みたいな事をよく言われたのですね。それを知ったおかん、学校にチャリで暴走していってその先生をとっつかまえ、「教師が子供を他の子供と比較するなんてもってのほか!まちがっている」と言うような事を言うだけ言って、またチャリでさっそうと去っていったのです。
そう、おかんはどんなときでも100パーセント子供の味方なのですね。でも毎日念仏のように(特に次男と私ね)法にふれることだけはしないように、と言われてましたけどね。
私たちはいつでも私たちのことを信じて、味方になってくれるおかんを悲しませる事だけどはするのやめようと思ってました。
でも若さから何度もしくじりましたけどね。


兄貴はケンカでよく呼び出されていたけど、家は始末書を書いてくれない親として有名でした。兄貴が同級生を殴ったときに呼び出された時。
原因はその子が家の親の事をバカにしたことを言い放ったということ。呼び出され、始末書をだされたおかん、「それで相手の子も停学になって始末書を書くのですよね?」と聞いた。
「殴ったのはOOO君なので相手の子は停学も始末書もありません」と先生。これを聞いたおかんは「先生はケンカの原因を知ってらっしゃるのでしょうか?ケンカ両成敗という言葉を知ってらっしゃらないのかしら?」と言って目の前で始末書を破り兄貴を連れて帰って行きました。
しかし停学になって学校に行かない日々がよくあった兄貴。「なんでお兄ちゃんはずっと学校行ってないのぉ?」と聞く私に「OOOは体が弱いの」と言っていたおかん。。。

彼女のかっこいいところは「うちの子に限ってそんなことはありません」系の盲目なところは無く、あくまでも現実をしっかり受け止める姿勢。私たちのことをしっかり叱ってましたね。でも取り乱すような叱り方はしたことなかった。

おかんは熱烈的な巨人ファンでもある。
どのくらい好きかというと、巨人が負けた次の日は朝食もお弁当も作ってくれなかったくらい。
「お弁当はぁ?」って聞くと「ジャイアンツが負けたのにお弁当なんか作ってられないの!」と。。
いつも大声で応援するので、彼女の巨人好きは近所でも有名で、ある日私が外から帰ってくると隣の親子がおかんの応援の声で「今日は巨人勝ってるみたいだね」と言っていたのをあいている窓から聞こえたこと有り! 

武勇伝まだまだ続きますぅ。。

そしてカノアの今日のお弁当。
相変わらずシンプル過ぎ。
これに剥いたグレープフルーツとリンゴジュースをつけました。
c0048504_3395263.jpg

[PR]
by maivenice | 2006-01-20 03:41 | 家族

mother

クリスマスツリー、まだ飾ってあります(片づけていないとも言う)けど、なにか?
土曜日までに片づけないとな。
母がやってくるので。

家のおかん、数々の武勇伝を持っているのですね。
彼女はかなりのお嬢様です。
六本木生まれ、青山育ちの彼女。高校を卒業した後は家の手伝いをしながら花嫁修業。
けっこうワルな一面もあったらしけど、料理学校なんかもしっかり通わされていたらしい。
21才で父と結婚。
お料理学校で習ったおフランス料理やらの洋食を毎日作って、それこそ最初の1ヶ月は毎日違う物を作ったのだそう。でもさすがにそのぐらいになると父のお腹もギブアップ。
”たまには煮物とかの和食が食べたい”と言ったのですね。
おかんってば煮物なんて作った事がなかったのね。”色が茶色いし味からするとこれは醤油ね”ってことで醤油で大根を煮て食卓にオン!しかし新婚パワーで、父も”まずい”とは言わなかったらしい。”ちょっとしょっぱいね”と一言。泣けるなぁ!

父が結婚してから初めての給料袋をおかんに渡した時。
おかんは”こんなにお小遣いくれるの!!”とすごい勘違いで、そのお金で家中にお花を飾ったり、カーテンを新しくしたりと脳天気な事をしでかしたのです。
ある日家に新聞の集金が来ました。おかんはなんのことだかさっぱりわからずに集金の人を”今主人が居ないので。”と言って返したそうです。
父が仕事から帰ってきておかんは”今日、新聞の集金ですとかって訳わからない怖い人が来たのよ”と報告。父は”うん、それでこの前のお金から払ってくれた?”と。
おかんの頭は?だらけ。この前渡したお金で1ヶ月やりくりするんだよ”と父。”もう無い”と母。
父”。。。。”。当然しこたま怒られたらしい。
脳天気というか世間知らずにもほどがあります。

しかし、こんなお嬢様奥様も年を重ねていくうちにとても逞しくなるのですね。
なにせ家には3人子供が生まれたし、そのうちの下2人がかなりのワルでしたので。
武勇伝、まだまだ続きます。

c0048504_8544894.jpg

[PR]
by maivenice | 2006-01-19 08:55 | 家族

cheers!


c0048504_3171786.jpg

怒濤の日々が一段落。
日曜日は久しぶりにみんなでディナーでした。
料理する元気はなかったけど、外で食べるのもイヤだったから鉄板焼きね。
月曜日もお休みの連休なので、もちろんカイの友達もいてみんなでワイワイと。
やっぱり家族と食べるメシは最高ですな。
メシの後、カイたちはpool partyに出かけていった。
pool partyと言っても泳ぐのではなくスケボー。

月曜日からディーンはまた撮影。
疲れが抜けない私を気遣って、ジェリーがミナミと一緒にカノアを遊びに連れ出してくれた。
サンキュー。
しかし休むどころでなく大掃除。洗濯も日曜日からもうやりっぱなしです。
夜は昨日の残り物ごはんで地味メシ。
でも小さい瓶のシャンパンで一人乾杯。

今週の土曜日からは我がおかんがやってくる!
[PR]
by maivenice | 2006-01-18 03:22

エブリボディー セイ イェ〜

まだまだ仕事が続いております。
でも風邪がすっかりよくなってあの具合の悪かった日々がウソのように快適。
仕事も楽しいってもんだ。

このスタジオで一緒のセレブ達、毎日会ってるのですっかり顔見知り。
エンリケだってウィルアイアム(ブラックアイドピーズの彼ね)だって、エヴァネッセンスだって、会えば”ヘイ、ワッザ〜!”みたいな。
昨日はこのスタジオの長い廊下をウィルアイアムと2人でスキップで踊りながら下っていきました。ミュージックはもちろん次のブラックアイドピーズ。かなりいい感じ。
c0048504_13262540.jpg

かなり楽しかった。

そんな事、あんな事、素敵な思い出ができたこのスタジオとも今日でお別れです。
c0048504_13293895.jpg

まぁ、まだ終わっていませんけど。
エンジニアさんはまだまだせっせと働いておりますよ。
c0048504_13301076.jpg


私も仕事に戻ります。
明日の夕方で仕事も終わり。
久しぶりに家族でディナーができます!
うれしい!!
[PR]
by maivenice | 2006-01-15 13:38 | 仕事

今日のセレブちゃん

今日のストゥディオはすごいです。
今、私の横には今エンリケ イグレシャス(イグレ フリオシャス、じゃなくてフリオ イグレシャスの息子ね)がいて携帯でなんだか大きな声でスペイン語でくっちゃべってます。
”ペロー、ペロー、ペロー…”って。。何回も言っている。
どういう意味?
”ペロンペロリコ”が、”ハゲだけど金持ち”っていう意味なのは知っている私。
ホントです。
彼はかなりのイケメン。しかも好青年です。なんだかいい匂いもするし。
軽くうっとり。

そして向こう側ではブラックアイドピーズの黒い人が陽気に踊ってます。
さすがにノリがすんごいです。
ワッザ〜プ!

そしてさっき、慌てていてスタジオの廊下を走っていたらエヴァネッセンスのボーカルの女子とジャストミートしそうになった。謝ったらナイススマイルを返してくれたぜベイベー。

そんな今日の現場。
でもやってることはわりと地味な作業。
せっせ、せっせ。

カノ山紀信、激写!
正月に飲んだくれている飼い主の足下で迷惑顔のパズナノ。
c0048504_14141780.jpg


PS.風邪がやっと少し引き下がってくれたような予感の今日一日。
咳もかなり少なくなりました。やった〜!!

※あとでディーンに聞いたら”ペロー”は、”でも”というか英語の”but"って意味であることがわかりました。何回も言っていた彼、言い訳でもしていたのか。。。
[PR]
by maivenice | 2006-01-12 14:18 | 仕事

働く俺ら

仕事は続く。
毎日、二転三転。くりびってんぎょの日々。。

ディーンも仕事しながら家事にいそしんでいます。
2006年も2人仲良く仕事に家庭にいそいそしているわしら夫婦。
えらいなぁ!ひゅ〜ひゅ〜!パチパチパチィ!
自我絶賛!

みなさまから暖かいお言葉をかけ続けて頂いている私の風邪はいっこうに私の体から出て行ってくれまへん。病気なのか?
カノアはすっかり元気になってルンルン毎日を過ごしているので良かった。
昨日のディナーはCostcoのサラダだったらしいが、カノアは3ばいもおかわりして食べたそう。
そして相変わらず少年達がたまっているらしい我が家。ご飯作りも大変です。ディーンお疲れさまでぇす。少年達、皿洗いはしてるらしいので丸。
ま、当然ですな。

私は毎日遅くまでストゥディオにいるので、朝起きられれば子供達にちょろっと会える程度。ディーンもカノアを幼稚園に落っことしてそのままオフィスに夕方まで行っちゃう。
一人淋しく家の片づけをして、シャワーして準備して昼前頃に出勤の日々。
軽く疎外感。。
ちぇっ。

今日の写真はカノアの中で流行っているナノの家造り。
c0048504_8552599.jpg

一人で一生懸命考えて作りました。
これはナノも気に入っていて、中にちんまり入っておやつを食べたりしていました。

そしてこれ。
ベッドだそうです。。。
c0048504_10513745.jpg

ナノ、ここに寝てとカノアにせがまれかなり困惑していた。
そらそうだ。
[PR]
by maivenice | 2006-01-11 11:03 | 仕事

仕事続行中!

こなさまみんばんわ。
昨日に引き続き、超高級ストゥーディオにいる私です。
隣のスタジオではKanye Westがレコーディングしておりますよ。
彼らのランチのゴージャスさといったら!
うまそうで、しかもヘルスィーなものばっか食ってました。
でも彼が来ていたトレーナーはグレーの普通のやつ。。あれ?待てよ。なんか書いてある。
”レ ミゼラブル”。。。おいおい! レミゼのトレーナー着てるよ!
そんなラッパーらしからぬファッションの彼が愛おしい今日この頃。

私は今待ち時間なのでスタジオの中で、真剣になにか仕事をしているふりしてアップざんす。
覗かれたらどうしようってヒヤヒヤしています。ドキドキ。

今日の昼飯(と言っても食べたのは夕方5時半)はハリウッド名物、pinksでしたの。あそこはいつ行っても並んでるんだけど、スタジオにいる時にランナー君(所謂パシリね)に頼んでみんなのホットドッグを買ってきてもらった。彼はなんと45分並んで買ってきてくれた。ごめんよ〜!並んで待っている間、通りを行き交うドライバーが口々に”It's just a hotdog!!"と叫んでいったそうです。確かに。
私が食べたのはOzzy Dogs。オズィー オズボーンのホットドッグだけどなぜかはわからず。
辛いソーセージの上にチーズ、アボガドディップ、グリルドオニオン、トマトがのっかったやつ。
それがなんでオズィー ドッグなのかはわかりません。。
あぁ、胸焼け。

先はまだ長そうな予感。
Kanyeもまだ仕事してるもんな。

新しい写真がないので前の写真。
ディーン イン パジャマ。
早く家に帰りたいなぁ〜!
c0048504_13393325.jpg

[PR]
by maivenice | 2006-01-09 13:43 | 仕事