<   2005年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

危機一髪!

高校2年の頃の話。
そのころはもうサーフィンとバンドにどっぷりはまっていたのだな。
サーフィンは波があれば当然のように学校をさぼっていた。
おかんに見つかったのは1,2回ではない。ごめんよかーちゃん!
バンドは2つのバンドに所属。一つはゴーゴーズのカバーバンド。とは言えバックはみんな男。
ベリンダまいと呼んでくれ。(うそです!)
もう一つはRCサクセションのカバーバンドのバックグランドコーラスとして。
この際自分で言っちゃうけどね、へへ、人気爆発でした。
親衛隊もいました。(でも全員女子‥なぜだ?!)

そんな風に勝手気ままに日々を楽しんでいた(高校生のくせに)私を恐怖のどん底に落とす出来事が起こったのだ。

彼は私の一つ下の高校一年生。
ある日ちんたら歩いて帰ると家の道の電信柱の陰からぬ〜っと登場。
「これ‥。」と言って封筒を私にやや強引に渡すとチャリに乗って行ってしまった。
自分の部屋に行って見てみるとそれはラブレター、というよりは怖い報告書の様な物。
「今朝、マイさんがOO先輩と親しげに話していた、くやしい。四時間目の体育の授業のバレーボールで突き指をしたようだ、その時の痛そうな顔がかわいかった。昼休みにマイさんは遠藤先輩と三階の校舎のベランダから唾を下に垂らしていた、それを受け止めたかった…。」
と言うようなことが4Hくらいの鉛筆で淡々と、そして11ページにも渡って書いてあったのだ!!怖すぎる…。
気持ちが悪かった、が私は小学校の頃よく女子軍団からいじめられて精神的にとても強くなったので大したこと無い、すぐに飽きるだろうと思い手紙を棄てそのことを忘れるようにした。
ところが、彼は次の日もまた次の日も家の前で私を待ち、私の一日の行動を細かく書いた手紙を手渡すのだった。時には34ページなんて日もあってほとほと参ってしまった。
その手紙の内容もだんだんと気安くなってきて最初はマイさん、だったのがいつしかマイ呼ばわりだ。「あの男と話すな、この先生はお前のことが好きなんじゃないか、ふざけんな…」というようなことまで書くようになってきた。
もちろん、手紙を受け取らなくていいように寄り道したりもした(でも絶対に待ってるんだな、これが)。受け取らなければポストに入っていた。もう迷惑だからやめてくれと何度も言った。
しかし彼は止めるどころか、今度は電話までかけてきたのだ(もち居留守ね)。

ノンストップにエスカレートし続けるストーカー振りがマジでやばいなと思いだした頃、良いタイミングで彼は退学になった。喧嘩をして相手を傷つけたらしいのだ。
そしておぼっちゃまの彼は留学ということでオレゴンの方だかに行かされた。
最初の頃は留学先からも手紙が来たが、私のことを始終観察できなかったのが原因かいつしか手紙も来なくなった。ふぅ。
私の生活に再び平和が戻った。

そのことをすっかり忘れてアメリカで生活をしていた私のところに、高校の時の友達から一通の手紙。
「マイのことしつこくつけ回していたOO君居たじゃん、あいつハワイで人殺して捕まったんだってさ!よかったねぇ、マイ殺されなくて」と書いてあった…。
彼は2人も殺めてしまい捕まったというのだ。

c0048504_12511590.jpg


あの頃、彼にそんな危ない勇気がなくて本当に良かった。
[PR]
by maivenice | 2005-07-31 12:52

そう言えば

実は映画、chocolate factory を見に行った時におもしろいことがあったのだ。
マリナデルレイにある映画館に行ったのだけど、そのすぐ隣にスポーツチャレットという大きなスポーツ用品屋がある。
そこの入り口から約1ブロックくらい、人の列ができている。
Tシャツを持ってたり、ボールを持ってたりして待っている。
”きっと誰かスポーツ選手が来るんだね”
”でもこんな所でサイン会やるくらいだからレイカーズの有名じゃない選手とかだろうねぇ”なんていう勝手な会話をしながら通り過ぎた。

映画館でチケットを買うのに並んでいたときに、前の人たちとあの行列はなんだろうねぇ、
誰がきてるのかな、なんて話をしていると私たちの後ろに並んでた人が話に加わってきた。
”あぁ、あれねサッカーのベッカムが来てるらしいよ。今私スポーツチャレットで買い物してきたんだけど、店の人がそう言ってたわ”と軽く教えてくれた。
おおおおお!!ベッカムと言えば超スターではないか!
でも悲しいかな、アメリカではサッカーの人気はとても低いのだ。
(※アメリカの女子サッカーチームは人気ばつぐんであるのだがね)
よってベッカムは”サッカーやってるイケメンで元スパイスガールズのビクトリアのだんなで2人はド派手なカップル”くらいの受け止められ方なのだ。
なのでマリナデルレイのスポーツチャレットのような中途半端なところでのサイン会、しかも行列は1ブロック。
トホホである。
これがイギリスや日本だったら大変な騒ぎになるだろうにな。
ベッカムもやりきれない気持ちだったろうに…。
しくしく(もらい泣き)

ところで、ジローの最愛の妻ヒロミが日本から帰ってきた。
チャットしながら田舎の写真などを見せてもらった。
行ってみたいぞ、熊本。
そして気になるのはこれである。
c0048504_1418191.jpg

名前は”いきなり団子”。
熊本名物でとてもおいしいらしい。
サツマイモとあんこらしいが良い感じではないか。
なんつったってネーミングがいいのだな。
[PR]
by maivenice | 2005-07-30 14:31 | 日々の事

和食

我が家は和食をよく食べる。
特にカノアは前世で修行僧だったのか好物が地味なものばかり。
コンニャク、大根、たけのこ、おくら、納豆、たくあん、山芋、豆腐、玄米。
これに私の父の作るコウナゴの佃煮があれば彼女は最高にお幸せなのですね。
カイは柴漬けが大好きでちょっとうるさい。これはしょっぱいね、これは酸っぱすぎるなとか…。

我が家のあるベニスから車で20分弱のところにある West LAにSawtelleというちょっとした日本人通りがある。この辺りにはそばや、ラーメンや、風来坊、カレーハウス、寿司や、しゃぶしゃぶや、焼鳥屋…といろんな和食やさんがあるのだ。
こんど回転寿司”大ちゃん”というのもこの通りにオープンするらしい。楽しみだ。
そしてこの通りには3件の日本マーケットがある。
よく行くのはここ。
c0048504_05561.jpg

ニジヤさんです。ここはオーガニックもんが多くおいしい。
特にニジヤ産あきたこまち玄米は最高だ。
ここにいけば日本のあらゆる物が揃います。おたふくのソースシリーズに至っては関東地区のマーケットより種類も豊富に売っているのではないかな。

そして昨日の夜ご飯。
c0048504_083745.jpg
カイは出かけたし、カノアは遊び疲れて早くに寝てしまったのでディーンと2人の大人ディナー。モロヘイヤのおひたし、切り干し大根の梅おかか貝割れ大根オリーブオイル和え(うまい!)、蒸し鶏のネギ酢醤油かけ。
地味です…でもおいしかったのだな。

そしてカイはと言うと、友達のアーティストのかぁちゃんのギャラリーのオープニングショー&パーティーに行った。く〜っ、なんとセレブな生活ではないか!
そして友達2人を連れて帰ってきた。朝は5時半に起きて3人でサーフィンに行った。
c0048504_015345.jpg

家の玄関、スケボーだらけです。
[PR]
by maivenice | 2005-07-30 00:19 | おいしい

partay!!

今晩は前にすぐお隣に住んでいたジェイソンとケイトの家で彼らの娘でカノアのお友達サミーの4才の誕生日パーティーだった。
彼らの新しい住居は歩いて約15分。
カノアはワゴンに乗っけてディーンが引っ張り、私とカイはスケボーで行った。

帰りはすっかり遅くなってしまい当然真っ暗。
カノアは”まっくろくろすけが出てきちゃうから早く帰らないと!”と本気であせっていました。
c0048504_15325048.jpg

そして暗い中での写真撮影、うまくできません。
こんなんなっちゃった。
これ、酔ってるときに見たら吐くね。

我が家に無事到着でカノアはホッと安心。
c0048504_15345047.jpg

夜の撮影、どうにかうまくならないことには…。
誰か教えて下さい。
[PR]
by maivenice | 2005-07-28 15:41 | 日々の事

malibu

今日はまずカノアをお遊びのデイキャンプにドロップオフしてから残りの3人でマリブへ行った。
残念ながら波はかなり小さめ。
でもいいのだ。
c0048504_74854.jpg

私は1年ぶりの波乗り。
いつも最初はテイクオフがなかなかできなくて憤慨する。
キ〜ッ!!

でも楽しかったのでいいのである。
c0048504_7484716.jpg

このディーンの笑顔ときたら最高ではないか。

それにしても日にやけて真っ黒だ。
私ったら顔のケアを全然しない女なのでソバカスだらけである。
しかしこのソバカスが小さく密集するとシミになるのだろうか。
ちょっと心配だったりして。
[PR]
by maivenice | 2005-07-28 07:54 | 日々の事

everyday sunday

週末が過ぎ火曜日であるが、我が家はディーンがやっと仕事が終わりで家に居るのでお休み気分だ。
と言うか次の仕事までしっかり休みなのですね。わっはっは!!

パズも笑っています。
c0048504_9594240.jpg

Kaiと恒例のスケボーでの散歩の後でとても嬉しそう。

c0048504_1014410.jpg

カノアはもう真っ黒。
そしてこのタンクトップはケイちゃんの手編みなのだ。
すごくかわいい。
c0048504_103384.jpg

下に履いているのはビキニのパンツ。
このタンクトップを脱ぎたくないと言うのでこうなった。
c0048504_107156.jpg

ディーンは休みで嬉しくて靴を洗ったり、帽子を洗ったり、車を洗ったりとマメマメしい。

明日は朝から家族でマリブにサーフィンしに行く予定。
私は今年初の波乗りだ。
乗れるのか?!
[PR]
by maivenice | 2005-07-27 10:14 | 家族

happy sunday

前にアメリカでは子供の高熱をさますのには水風呂にいれて涼しい格好をさせると言うことを紹介しました。そのときに、水に近いぬるま湯に入れると熱が引くと書きました。
同じLAに住む natsukoさん の息子さん(カノアのお友達!)が熱を出してぬるま湯に入れたと話したら看護婦さんに熱があがることもあるので気をつけなさいと言われたそうです。
私の書き方がはっきりしていませんでした。
お湯ではなく水風呂です。本当は冷たいほうがいいけど、なんとなく酷な気がするのでぬるま湯に限りなく近い水の風呂であって、あったかくてはだめなのですね。冷たぁくはないけど決してぬるくは無いというくらいでしょうか。
子供は大人のように体温調整がうまくできないから。
誤解されてる方がいらっしゃるといけないので、I wanted to make sure.
失礼をいたしました!
daichiよ、早く元気になっておくれ!
※ この熱冷まし法は子供の症状や状態によっても変わると思うので、実行前にお医者に相談してみたほうがいいでしょう。

さて、週末もあっという間に終わり。
今日も最高の天気。
私とかのあは一日中、宅のプール(ビニールね)で水に浸っておりました。
c0048504_14284886.jpg

午後はビーチに行くつもりだったのにだらだらとプールで過ごしてしまったのだ。
昼飯は友達親子が遊びに来たので冷やし中華。夏はこれだわ!
c0048504_14133725.jpg

午後には週末家族のジロー登場。(妻は帰国中)
Kaiも親戚の誕生日パーティーから帰宅。
ディーンもOoサンの車のCMの仕事が一段落で2週間ぶりの速い帰宅。
久しぶりに家族全員(ジロー、ローリーもちろん込み)がそろったのだな。
c0048504_14211033.jpg

↑パズ、ゾイ、ローリーもすっかり家族なのでご飯も喧嘩一切無しでシェアできます。
夜はみんなで鉄板焼き。
最高。

明日の朝はKaiとDean、久しぶりに早起きして朝一波乗りに行くそうです。
ディーンのボードも出番を待っている。
c0048504_14173478.jpg

[PR]
by maivenice | 2005-07-25 14:32 | 日々の事

father of venice

エブリボディー セイ イェ〜イ!!
だって今日は金曜日。
しかもcartoon networkのお仕事休みでした。
なぜなら台本が無いから。来週も休みらしい。うふふ。
ライター達よ、時間をかけて書きなさいね。

突然ですがベニスという町はイタリアのベニスのコピーなのですね。
この町を作った人、Abbott Kinneyというタバコ業者のお金持ちおじさまがイタリアの水の都ベニスに恋をしてカリフォルニアにそっくりの町を作ったのです。
運河にゴンドラ、カジノや遊園地、カフェなどが並ぶゴージャスな町になった。
残念ながら大火事や大嵐などが来て壊れてしまったが今でも何本かキャナル(運河)がちゃんと残っております。
c0048504_12512242.jpg

c0048504_13165314.jpg

この辺りの物件はかなりお高いでございます。
ちなみに漫画”シンプソン”を描いている人もこの辺にお住まい。
ここ散歩にはもってこいなのだな。
犬たちが一緒だとカモを狙って水に何度も飛び込もうとするので要注意。

ベニスの父、アボットさんは道の名前にもなりました。
c0048504_1384438.jpg

↑Abott Kinney BLVDです。
おっされ〜なお店が年々増えてます。
そしてVenice BLVDの終点近くには大きな壁一面にアボットおじさま。
c0048504_13105897.jpg

やや神経質そうね。

ちなみに端の方に見える看板の"China Beach"はおいしいベトナミーズ。
小さいけど家庭的な良い感じのお店。
フォーがおいしい。
出てくるのがとんでもなく遅いので時間に余裕のある時にしか行けません。
[PR]
by maivenice | 2005-07-23 13:21 | venice

ジリジリ

c0048504_13463520.jpg

今年の夏はちょっと涼しいぞ、と思ってたら突然のheat wave到来。
太陽が肌に痛いくらい。
今日は洗濯を3回まわして干した。
おもしろいくらいにパッと乾く。
気持ちいい。
家の方は海風が気持ちよいので窓やドアを全開にしておけばクーラーなんていりません。
街の方は大変らしい、105度ですって!!(注:華氏ね)

それにしてもゾイってやっぱりタフなんだよなぁ。弱虫なんだけどタフ…。
この暑い中、家の裏のコンクリはかなり熱い。裸足では歩けないくらい熱い。
なのにゾイは気持ちよさそうにココでお昼寝…大丈夫なのか?
c0048504_13514510.jpg

パズは黒いのでこのジリジリ太陽の下で昼寝なんかしようものなら毛が”あっちぃ〜!”ってなっちゃうからね。
なのでいつものテーブルの下で外を見ながらゴロリ〜ン。
c0048504_13542068.jpg

[PR]
by maivenice | 2005-07-22 14:07 | Paz & Zoy & Nano

santa monica pier

c0048504_128169.jpg

今日かのあと2人でサンタモニカのピアに行った。

ディーンは相変わらずのハードスケジュールで目のしたに大きなクマさんを飼っております。
カイはカイルと2人、お父さんを運転手にオーシャンサイドの方にサーフィン旅行に行って明日まで帰って来ない。
なのでガールズ2人でちょいと楽しんできたと言うわけです。

桟橋の中くらいの所に小さな遊園地があるのですね。
小さい子用の乗り物が6種類、それに観覧車やローラーコースター、なんかの大きい乗り物もいろいろあるのだ。子供のライド乗り放題チケットは9ドル50セント。これでローラーコースター以外の乗り物は全部乗れます。
私とカノアは先ず観覧車。
これが気持ちいい〜!
今日は平日なので空いてるし、空は青く空気はきれいで潮風が最高なのだなぁ。

カノアはその後、子供用のライドを制覇、しかも何度も繰り返しで乗り倒しました。
c0048504_12171986.jpg


ゲームも沢山あります。ビデオゲームじゃなく(それのアーケードはまた別にあるけど)、昔ながらのフェスティバルゲーム。ボウリングだったり輪投げだったり、ってやつ。
それもやりましたよぅ。
うまくできなかったけど愛嬌で3つも景品をゲットした我が娘。
でかしたぞ。
c0048504_12194356.jpg

[PR]
by maivenice | 2005-07-20 12:24 | 日々の事