<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

日曜日

この週末は連休なので月曜日も休み。
日曜日にはまたジェリーと娘みなみが遊びにやってきた。
ジェリーはベニスの番長としてそのタフっぷり、というかこわさっぷりが有名である。
彼はベニスハイスクール時代、学校のトイレを燃やしてよその学校に出されたこともある。でもラッキーな彼は1学期後にはベニスハイに帰って来させてもらったんですね。
高校卒業後は軍隊に入り、ポモナ戦争(たしか)に行かされたりして無事に軍隊での期間を終えベニスに帰ってきた。友達がウェルカムバックパーティーを盛大に開いてくれたらしい。
そしてそのパーティーが終わり家に帰ろうと車に乗り込もうとした瞬間、カージャックにあい、頭を拳銃でぶちぬかれたのだ。戦争からも無傷で帰ってきたのに、自分の地元で撃たれるとは!その弾は彼の頭を貫通して外に出た。ちなみに今もそこはへこんでいます。幸い、脳にもなにも問題も無く(たぶん)元気にすごしています。娘ができてからは大人しくなりましたが、昔はしょっちゅう喧嘩して鼻を折っただの、ジェイルにいるだのと血の熱い男です。2年前には2人組の男に襲われ背中をぶっすりナイフで刺されERから電話がきたし。そのときはけっこう危なかったですね。もう少しで死ぬところだったかも。
その犯人が見つかり、裁判になりました。犯人側はジェリーが喧嘩をふっかけてきて恐かったからナイフを出したところ偶然刺さってしまったと嘘の証言。そこで血の熱いジェリー、裁判中なのに思いっきり汚い言葉をならべまくり怒鳴りまくってしまったそうです。犯人側にはなんとラッキーなことでしょう。裁判官にほらこんなに恐ろしい男なのですとあくまでも自己防衛を主張し、通ってしまったのです。
おぉ、ジェリーよ…アホか!!
そんなジェリーだけど、私たちはもうカイが赤ちゃんの時から家族つきあいをしています。そして本当にやさしい、いい男です。

そして今彼は日本語の先生になるべく大学で一生懸命日本語を勉強をしています。
これが本当に難しい。よく宿題を手伝ってあげるんだけど、日本語って本当に難しいね。
がんばれ〜!

c0048504_2503612.jpg


ミナミとカノア、とても仲良しです。

そして、こっちも仲良しのKaiとKyle、海に行きっぱなし。
c0048504_2573036.jpg


カイル君、金曜日からずっとうちの子になってます。(今日は月曜日)
[PR]
by maivenice | 2005-05-31 02:59

strawberry pick


c0048504_14481100.jpg

今日はいちご狩りに行った。
5家族、20人。いやぁ、本当に楽しかった。
天気は上々。そしていちごの甘くておいしいこと!
ここにはいちごの他にブラックベリーや野菜もいろいろあってとにかく好きに抜き取ってOK。
c0048504_14505125.jpg

もちろんあとで計り売りになっているのだがこれが安いのですね。
私たちが頂いたのは、いちご大サイズ3パック、ブラックベリー大1パック、ビーツ、カブ、空豆
それぞれたっぷり収穫してきて全部で15ドルでした。
ここには公園とかピクニックエリアもあり、みんなでお昼を食べたっぷり遊んで一日過ごしてきました。
いやぁ、楽しかったです。
c0048504_1454347.jpg

ひまわりもお日様に向かってどんどん伸びている。

家に帰ってきて収穫したての空豆を茹で、ビーツとカブは蒸してうまい塩でビールと一緒に食べた。
お日様をたっぷり浴びた素晴らしい味がした。
[PR]
by maivenice | 2005-05-29 14:59 | おいしい

やっほー!

イェーイ!!
今週の仕事は終わりました。
週末に持ち越す仕事も無いし、気の重かったバイオレンスゲーム”True Crime2"(タイトルからしてすごいよね)のレコーディングも無事に終わった。
ほっ。

ここのところノンストップで仕事が続いている。
いくらがんばらない性格の私でもいろんな人と会い、集中力をたっぷり使って休むヒマがないとなるとストレスが溜まるってもんだ。
ここのところの一番の楽しみはズバリ飲むこと。
やばいです。
早く帰れればみんなの夕食を作るのだが、献立は今日、自分がどんな酒を飲みたいかというところから考える。焼酎が飲みたかったら和食、ワインいただきたかったら洋食‥てな具合。
いいのか、こんな事で…。    ま、いっか。

今日は金曜日、しかも月曜日は祭日なので3連休やん!
今夜の献立はワインな気分の私なのでそっち系です。

c0048504_13151834.jpg


グリルドベジタブル、トマトとキュウリのカレー味オニオンドレッシングのっけ、砂肝のワイン煮(これは私の親父君のレシピです)、そしてブルーチーズ。
あぁ、幸せ。
最近の私のマイブームは赤ワインをクラブソーダで割ること。
こうすると悪酔いとかしないような気がする。薄まるからね。

カイはマブダチのカイルが泊まりに来てて、ご飯そっちのけで映画を見に行ってしまった。
ってことは2人で腹を減らせて帰ってくると言うことなのだ…恐ろしい。

そして明日は友達家族といちご狩りに行くのですね。
お弁当作らなくちゃなのですね…。

あ、たった今、今日レコーディングをやった声優から電話。”本当にありがとう、you saved me today”という御礼の電話が来ました。 なかなかこんな事無いよ。
なんかうれしくなった。
うおっし、明日も楽しい一日が来るぞ!
[PR]
by maivenice | 2005-05-28 13:31 | おいしい

ふぅ

今やっている仕事はこっちのPCゲーム。
すんごいバイオレントである。
何をしているかというと、NYが舞台でひどいクライムばっかりのゲームの中に出てくるやくざの親分やちんぴらの台詞の翻訳とランゲージコーチをしているのだ。
これがもう次から次へとひどいシーン、ひどい言葉が出てくるのですね。こんなゲームを子供は絶対にやってはいけないと思う。ちなみに家はおもちゃのガンも禁止ならバイオレンスゲームなんてもっての他で、カイがやってもいいゲームはバスケやアメフト、スケボー、サーフィン、オートレースのみ。撃ったり、殺したりは禁止にしている。(少なくとも家の中ではね)もちろん、何でやってはいけないかの理由も言ってある。人や動物をあやめるのは間違っていることあって、決してエンターテイメントではないのだ。

今日の午後、日本語の台詞が沢山あるメインの声優(男)と台詞の練習をした。
なんだかとっても疲れてしまった。
ともかく汚い言葉の連続。訳している時はまだよかったのだが、実際に言わせてみるとものすごい。しかもコーチとしてはどうやって言うかを実際にアクトしてやってみせなければならない。”ざけんじゃねぇぞ、このあま!”、”殺してやる、くそがき”、”金を出さねーと痛い目にあうぜ”…などなど。
こんなのがゲームの中にでてくる台詞だなんて信じられません。
しかしすごい人気らしく今回はこのシリーズの2作目だそうだ。
おそろしい…。
恐ろしすぎる。
こんな仕事していていいのか、おれ。(ハードボイルドだど、の気分ね)

夕方、変なエネルギーを使ったせいでぐったりして帰ってきました。
主婦の私はここでチャンネルを変える時間もなくキッチンにて速攻で夕飯の準備だ。

c0048504_12361360.jpg


帰りに日本食マーケットで買ってきた刺身でカルパッチョと、アジのたたき、水菜とタマネギかりかりジャコのサラダ(血液さらさら狙っています)、れんこんのキンピラ、玄米、豆腐のみそ汁。
これに焼酎だ。
完璧ではないか!! 
食べ終わった頃には酔いも手伝い(やけ酒気味のおれ)、どうにかいい気分に戻った。

明日はいよいよこのゲームのレコーディングだ。
なんか気が重い…。
[PR]
by maivenice | 2005-05-27 12:50 | おいしい

アメリカでお産 2

c0048504_29034.jpg

妊娠はもうないかもと思ってたけど、カイにしつこくお願いされていたのでクリスマスプレゼントとして、それにディーンにしてみたらやっぱり自分の子供も欲しいだろうしと思い、がんばって妊娠だ!
カイのときほどつわりはひどくなかったし、肉などは一切食べたくなくなり、果物ばっかりを欲する健康的な妊婦なのでした。マーケットに行くと、おいしそうな果物を見てその場でガンガンかじるという行為をしょっちゅうしていました。もちろんお金は払いました。

カイの時の先生はキャサリンという女医さんでとても良かったのにシアトルに引っ越してしまったので、その後に入ったやはり女医さんのトニーが私の新しい先生だ。彼女は独身だが中国から女の子をアダプトしてきて立派に母親もやっている金髪の美しい女性である。こっちは病院と先生は別なので、先生は自分が好きな先生を選び、病院はその先生が行けて、しかも自分の保険会社が加入している病院になる。そして赤ちゃんが生まれるときまでには小児科の先生も選んでなければならない。カイの時に3人ほどの小児科の先生をインタビューして一番話しやすくて、やはり女の先生に決めた。カノアの時も同じこの先生。なのでこっちでは小児科の先生は子供が生まれてからずーっと同じ先生が診るのでいろいろと安心なのですね。
カイが生まれたての頃は一人でなにもわからなくていろいろ不安ばかりだったのでMarna(先生ね)によく相談にのってもらい助けてもらいました。

こっちは医療費がとにかく高い!!
お産の費用もとてつもないです。日本はあとでその費用が返ってくると聞いたことがあるけどこっちはもちろんそんなシステムはない。保険も妊娠保険というに加入してないときかない。
妊娠保険は妊娠する前にはいっておかなければならないのでいきなりできちゃったら保険はきかずに1万ドル近くを自腹でお支払い。

2回目の妊娠とはいえもう10年ぶりともなると自分も子宮もいろんなことをすっかり忘れている。今回は日本との差にびっくりしないようにアメリカの妊婦本を購入。フムふむ、さすがにあっけらかんとしている。私も久しぶりとはいえ2回目の妊娠だったのでまなり余裕で、仕事も好調なころだったので腹ぼてで最後まで仕事しまくりました。夏にはでかい腹でビキニを着て海で泳ぎまくったし、8ヶ月のころには友達夫婦とわしら家族とでメキシコ旅行にも行った。YMCAに週3回は行きプールでゆるゆる泳いだし、優しいディーンは毎日マッサージをしてくれた。どこにいってもみんなやさしい。あぁ、妊娠って素晴らしい、妊婦ってステキとウハウハな妊婦生活を大満喫。
予定日よりちょっと早い頃、検診で先生がもういい大きさになってるから産んじゃう?ってきくので速効でオッケーして、その夜入院することになった。一晩かけて陣痛を促進してあしたには産もうという作戦だ。帰りにディーンと、カイへのお兄ちゃんセットみたいなプレゼントを買い、一度帰宅し、来てくれている母親とカイに報告。いろいろ準備をしてみんなで夜ご飯を食べ、夜8時に入院。10歳のカイは心配で涙をこぼしてたっけ。
病院で着替えて内診のために横になるやいなや破水!そしてみるみるうちに陣痛がやってきた。けっこう余裕じゃん”シ、シ、はぁ〜”(呼吸法)と思うのもつかの間、やっぱりすごく痛い!そして痛みに弱いがんばれない私はおきまりの文句”薬をくれ〜〜!”
日本の病院と違いこっちの看護婦さんはみんなやさしい。
痛いと言ってもおこられないし、至れり尽くせりしてくれるのだ。
喉がかわくが水をあんまり飲むと陣痛が弱まるとかで氷をたまにぽりぽりやるくらい。早く生まれてくれないかなぁと思っているのに朝の5時くらいになってもまだ、8時、まだまだ。
おかんとカイも朝から来て待ちくたびれている。私も疲れて眠ってしまった。
そして眠りからさめると強烈な痛み、早くいきみ出だしたいという気持ちでいっぱい。が、しかしスヤスヤ寝ている私に安心してディーンも母ももちろん、かいも看護婦さんも誰もいないではないか!!
た〜す〜け〜て〜!!
便秘でたまりたまった巨大なうんちが久しぶりにでそうなので今思い切りいきんで出したいという感じ。そこにヒーローDean登場。産まれる〜と言うとあせって看護婦さんを呼びに行く。看護婦さんは今先生に電話するからと余裕。先生を待っている間にどこからともなく沢山の看護婦、看護士さんがやってきて慣れた手つきで私をかかえて陣痛にあわせてかけ声とともに私を力ませるのだがこれが実にうまい。そこにやっと金髪美人の先生、ハイヒールとスーツで登場。”着替えてくるわね〜ん”と美しい笑顔‥。
そして白衣になった先生のやっとの登場で、お決まりのあそこをチョキンと切り(ううぇ〜〜痛いよう!)無事にカノアちゃんつるりんと産まれてきた。ちなみにこのつるりんのところはそうとう気持ちいいぞ。
ディーンもカイもおかんもみんなカノアにくっついて行ってしまった。私は一人あそこを縫ってもらい、体とかきれいにしてもらってぽつん。お〜い、みんなぁ…

もーれつに喉が渇いていたので看護婦さんに飲み物をお願いしたら彼女が冷たいジュースを持ってきてくれた。このジュース、今までの人生の中でナンバー1のおいしさでした。リンゴとグレープとクランベリーを混ぜてそこに氷を入れたそのナースの特製ジュースだ。今でもあの味は忘れられない。
そしてもちろん次の日の朝にはシャワーとシャンプーね。、で次の日に退院ね。
2回目だし、みんなのヘルプのおかげで元気いっぱいの私。退院してきてその日の午後は産まれて3日目の南しんぼうにそっくりのかのあをつれてディーンとビーチを散歩までしちゃいました。カイも自分のちょっと早いクリスマスプレゼントにご満悦だ。おむつも替えてくれたし、私が忙しいときにカノアが泣き出すといの一番にカノアをだっこしてゆらしながら”大丈夫よ〜、
お兄ちゃんがいるからねぇ”と甘い声で言っていて、それをそっと見た私と母はぽろっと泣きました。
[PR]
by maivenice | 2005-05-24 03:22 | アメリカ

ボディペイント

かのあの出産話は又今度。
意味はない、ただ気分が乗らないだけさ。

今カノアのマイブームはボディーペイント。顔にも体にも自分のアートを描きまくる。
c0048504_6373774.jpg

おまけにパズにもフェイスペイントでアクセント。
c0048504_6383795.jpg

上の写真は金曜日のパズ。
そして土曜日のパズ。
c0048504_639934.jpg

この顔のパズと散歩してると人々の視線を感じるよ。

そんなカノア、金曜日の夜突然に耳が痛いと泣き叫びだした。
こんなに泣き叫ぶことは初めてというくらい泣いた。
熱も下がって元気にしていたのに突然のことであせってしまった。夜だったのでカノアの先生もオフィスにはもう居ない。オンコールの先生に電話するとほんのりと暖めたオリーブオイルを2,3滴痛がっている耳の中にしっかり入るように垂らしてマッサージしてあげなさいと言った。その通りにしたら本当にびっくりするくらい効き目があってそのまますんなりと寝てしまった。
土曜日の朝一番にオンコールの先生の所に行ったらやっぱりしっかりと ear infectionでした。抗生物質を出されました。
それにしてもオリーブオイルって偉大だな。
[PR]
by maivenice | 2005-05-23 06:59

アメリカで出産って

この間子供の熱の冷まし方 in アメリカを書いたところびっくり仰天してた方が多かったので今度はアメリカでの妊娠、出産事情を紹介します。

私はカイがお腹に居たときは若かったし妊婦なんて周りに誰もいなかったからともかくわかないことだらけだった。のでおかんに頼んで妊婦が読んでためになる本などをどっさり送ってもらい、ヒマな時はもう読みまくりで妊婦の10月10日の送り方に始まり、出産のABCから乳児の扱い方、産後の過ごし方など、もうとにかく頭の中にみっちり全ての情報が入っていました。
妊婦服はてきとうに大きめの服をきてごまかしましたが、それ以外はもうほとんど本に書いてあるとおりにがんばったのです。なにせな〜んも知らなかったもんで。
仕事も軽く通訳の仕事をたまにするくらいであとは家でゆったりとすごしていたのです。だって本にゆったりとすごしたほうがいいって書いてあったからさ。
まぁ、その頃家庭内暴力ってのが始まったりして辛い日々ではあったのだが赤ちゃんのために一人の時はなるべく嫌なことを考えずにごろりでゆるりを基本にしていた。

カイは暴力親父が嫌だったのか予定日を過ぎても産まれてくる様子は無し。腹はどんどん重くなり辛いので早く生もうと来てくれていたおかんと一緒に海辺をあるいたり階段を上り下りしたりしたけど全然だめ。予定日が2週間すぎ、先生が出しましょうというので次の日に入院して陣痛促進剤を始めた…これが痛いの何のって!!!
ひどい下痢痛とすごい生理痛がダブルで、しかもそれの100倍くらいの痛さだ。
それでもカイは出てこようとしない。ついに叫びましたね”薬をくれ〜〜〜〜!!"
おぉ、そのあとの幸福感ったら。昼寝までしちゃいましたもん。
私はその日の朝、一番で入院した。私のあとに約4,5人入ってきたのだが、私がぐずぐずしている間に彼女たちは陣痛で大騒ぎしてると思ったら産んでどんどん居なくなっていった。
しかしその騒ぎ方がすごいのなんのって!!さすがアメリカ人、”oh my god!"だの痛くて死にそうだの、おおげさにうるさいのだ。気が散って仕方がない。
夜中過ぎになってやっとカイが出てきてくれた。
なんだかんだで病室に入ってこれたのが朝方近く。痛いし、寒いし、これからのことを考えると不安だしであまり眠れずにすごした。朝7時くらいにそれはもう爽やか、というかハイパーなべテラン看護婦さん2人がどかどかっと入ってきて、赤ちゃんにおっぱいをあげる前にシャワーでもしてさっぱりしてきなさいよ!!と言うではないか。でも、でも本にはシャワーはしばらく浴びてはいけないって書いてあったしぃと困惑してると、その黒人のおばちゃんはホラホラァ早く早く、シャンプーもしてらっしゃーいと元気に言っている。でも、でも、でもぉ、シャンプーは自分でするのはしばらくたってからって書いてあったのに〜‥
しかしおばちゃんたちにお尻を叩かれるようにずるずるとシャワー室に行くとそこにはやはり昨日分娩室で大騒ぎしていた彼女たちが2人ほど鼻歌を歌いながらシャワーをしていた。
目が合うと”あらぁ、あなたも産まれたのね、どっち?女の子?男の子?フフフ〜ン”とすこぶる絶好調な感じだ。昨日泣き叫んでたくせに!!
でも私はこんな脳天気でお元気な看護婦さんや他の妊婦さんにかこまれてなんだか元気になったもんです。

やっとの思いでシャワーをし、シャンプーもして確かにさっぱりはしたけどぐったりと疲れてしまい病室に帰ってきたのだった。
そしてカイにどうにかおっぱいをあげたりしてやっと一日が終わったと思ったら次の日にはもう退院させられちゃうのだ。
もっとゆっくりさせてくれ〜、と本気で思いました。
しかしアメリカ人はみんなこうして産んでいるのだ。ふつう分娩で入院2日間、帝王切開で3日間だ。そして生まれたての赤ちゃんだってどんどん外に連れ出している。
日本では1週間たっぷり甘やかせてくれて赤ちゃんの世話もしっかり教えてくれておいしい物食べて退院できるそうではないか。
うらやましいぞ!
次回は10年後のカノアの時。
c0048504_6471496.jpg

写真は関係ないけど今日のベニスビーチ。
いい天気!
[PR]
by maivenice | 2005-05-20 06:56 | アメリカ

talent show

今日は6時半からカイの学校でタレントショーがあった。
学校中の子供たちが自分の隠れたタレント(才能)を披露するのだ。
カイの学校は幼稚園から中学まであるので、とっても小さい子も沢山出てくる。
ものすごく上手にピアノを弾く子も居れば、かわいいタップダンスをする子たちもいたり、歌う子もいる。新聞を破るのが上手なんていうふざけた奴もいたりしておもしろい。
カイたちのバンドはとり、つまり一番最後!

親ばかといわれても良い。だってもう本当にかっこよかったぞ!!
しかも曲は自分たちのオリジナル、これが実にかっこいいのだなぁ…。
しびれました。先生たちも子供たちも興奮してましたね、スターの誕生に。(って言い過ぎっすね、はい。)
そしてもちろん私はじんわり涙をこぼしました。

写真はリハ中。
c0048504_15144938.jpg

そばでじっと見守っているのはカイのマブダチ、サーフィン仲間。
親衛隊かっつうの!
c0048504_15183612.jpg

学校で演奏するのは今回で2回目。そして次は、校長先生から年に一回の大きなバザーの時にも演奏してくれるように頼まれたそうです。
[PR]
by maivenice | 2005-05-19 15:29

熱さまし

カノアが風邪をひいている。
今日で学校を休んで3日目だ。
ま、今日は熱も下がり食欲もありすごーく元気なんだけど所謂リハビリ期間みたいな一日。
おとといは熱が8度まで上がってしまったのであわててパジャマを脱がし、体を水で絞ったタオルで拭いて、薄着をさせ、水を飲ませた。
c0048504_9451652.jpg

薬を飲ませなくてもこれで大抵の熱は下がるのだ。
もっと熱が高いときは乱暴なようでも水に近いぬるいお風呂にちょっと入るとすーっと熱がひく。
一緒に入る大人はつらいけどね。
子供は体温調節がうまくできないので熱があるときに厚着させておふとんにくるまったりすると
どんどん熱があがってしまうのです。
初めてこっちの小児科にその方法を聞いたときは”え〜!!そんな無謀な!”と思ったけどやってみるとこれが本当に効くのだな。
特に赤ちゃんのころは薬飲ませるのいやだったしね。
[PR]
by maivenice | 2005-05-19 09:55 | アメリカ

家のメンチ

今日は月曜日、お天気も悪く体も心も低気圧な感じ。
カノアは週末の遊びすぎがたたって今年初の発熱だ!
でも外はグレイだし、なんだかまったりと過ごすのには丁度いい。
c0048504_14511534.jpg

ふと外を見ると、大きいけどほんのりとかわいい鳥が家のゲートに‥
どうやら桃を狙っているようだぞ。まだ熟してないから甘くないゾーとこっそり教えたら飛んでいってしまった。

そしてディーンのヘアカットもした。
とっても伸びてビートルズのおかっぱヘアーみたいになっていておもしろかったんだけどね。

そして今日の晩ご飯は久しぶりにコロッケ&メンチなのだ。
c0048504_1454623.jpg

家のメンチには中にどっさりキャベツを入れるのですね。肉4に対してキャベツ6くらい入れちゃう。これがもう本当においしいのですよ!!
作り方は合い挽き肉にタマネギのみじん切り、卵、塩こしょうを混ぜそこにキャベツをどっさり。それはもう、うわぁこんなに入れちゃって混ざんないじゃんってくらい入れます。最初は混ぜにくいけどちゃんと混ざりますから。
家は全員キャベツが大好きなのだ。付け合わせのキャベツもみんなすごい勢いで食べます。

それにしても和食は手間はかかるけれどやっぱり一番おいしいですな。
[PR]
by maivenice | 2005-05-17 15:08 | おいしい