カテゴリ:Pet( 3 )

実家のワンコはスピッツと柴犬のハーフだった。

オバマん家がホワイトハウスで一緒に住む犬を見つけた。
大統領選に勝ったときから、引っ越したら娘達に犬を飼う約束をしている、
と言っていたのでみんないつ犬がやってくるのか興味津々だったのですね。
彼は、娘がアレルギー持ちなのでアレルゲンの少ない犬をシェルターから“アダプト”
すると言っていたので、“犬を買う”という行為を激しく嫌う私は多いに喜んだ。

アメリカでは今や犬猫を“買う”という時代ではない。
犬猫は“救う”というのが常識になっていると言っても過言ではないのだ。
アニメや映画なんかでも、犬猫を飼うなんて話のときは、
シェルターに行ってアダプトするというシーンがよく出てくる。
小学校にはシェルターの人が来て話をする、ということも多い。
カノアの学校にもやって来て、シェルターとはどういう所か、
どんな仕事なのか、ペットを飼うということはどういうことかを話してくれた。
素晴らしい事だと思う。
子供達にとってもペット屋さんで”このコが欲しい〜”と買ってもらうのでなく、
アニマルシェルターに行って“このコがいい!”とつれて帰るというのが普通のコト。
だいたい、こっちのほとんどのペット屋さんには犬猫売っていないし。
ベバリーセンター(ベバセンね)という巨大モールに犬猫を売っている店があった。
かわいい子犬、子猫、うさぎたちが、小さいショウウィンドウに入れられていた。
私はそこが大嫌いだった。
2ヶ月くらい前にベバセンに行ったら、その店はきれいになくなっていた。
良かった。
心からほっとした。

5年前に日本に帰ったとき、みんなが連れている犬がきれいなのでびっくりした。
日本独特の雑種犬の姿はなく、ブランド的な犬ばかりがいることに違和感を感じたのだ。
雑種犬たちはどこに行ってしまったのだろう。
考えると悲しくなる。

オバマ家の犬、ボーの出所ははっきりしていない。
“シェルターから探すつもりでいる”とあれだけ言っていたので、
いまさら“買った”とは言えないのだろう。
一応、“飼い続ける事ができなくなった人からアダプトした”というコトになってるけど。


カノアの将来の夢はアニマルシェルターで働く事。
さすがである。
c0048504_23592569.jpg

[PR]
by maivenice | 2009-04-18 00:33 | Pet

dog's life

ある動物病院の先生が書いたコラムがいいので、
それはそれは本当に素晴らしいので、訳してここに載せます。


ある日、癌で様態が悪くなった10才のアイリッシュウルフハウンド、
ベルカーを診に、オーナー家族のロン、奥さんのリサ、そして彼らの息子の
シェーンの家に行きました。
彼らはベルカーをとても愛していたので、奇跡がおこることを願っていたけれど
もうこれ以上は治療のしようがない状態でした。
話し合った結果、苦しむベルカーを楽にさせてあげることになったのです。
夫妻は、これは大事なことだし、このことから学ぶこともあるだろう、
とシェーンもその場に立ち会うことを決めました。
次の日、彼らの家でベルカーは家族3人の腕の中で静かに眠りにつきました。
シェーンがこの状況をどのくらい理解しているのかはわからないけれど、
彼はとても落ち着いているようでした。
私と夫妻は、人間に比べて犬の命の短いことの悲しさを話していました。
すると、シェーンが 
”僕、なんでか知ってるよ”
と言うのです。
”人は、どうしたらいい人生を歩めるかを学ぶために産まれるんだ。
みんなを愛し、みんなにナイスにできるようにね。
でも犬はもうそういうことを最初から全部わかってるんだ。だから長くステイしないんだ。”
この6才の少年の説明は、私が今まで聞いたどんなものより癒されるものでした。
そして気がつかされたのです。

Live simply.
Love generously.
Care deeply.
Speak kindly.

もし犬が人生の先生だったら、私たちはこういうことを学ぶでしょう。
愛する人が帰ってきたら喜んでかけより迎える。
ジョイライドのチャンスを絶対に見逃さない。
新鮮な空気や風を顔に受けるピュアな幸せを喜ぶ。
お昼寝をする。
起きる前にストレッチをする。
毎日走り回ったり、ふざけたり、ジャンプしたりする。
アテンションを喜び、スキンシップを受け入れる。
軽く唸れば済む時に噛みつかない。
暖かい日は草っぱらに寝っ転がって休憩。
暑い日は水を沢山飲んで日陰に居る。
ハッピーな時は体中で喜びを示す。
ただ長いだけの散歩を喜ぶ。
食べることを心から喜び、十分食べたらごちそうさま。
自分に忠実に、自分にウソをつかない。
自分の欲しい物が埋まっていたら、見つかるまで掘る。
もし誰かが悲しんでいたら、何も言わずにただそばに寄り添う。
日々をありがたく送る。
毎日の全てを楽しむ。



とてもシンプルで大事なことだけど、忘れがちなことばかり。

家の先生たち。
c0048504_15465753.jpg

[PR]
by maivenice | 2008-03-05 15:54 | Pet

wasabi

昨日、セリーナがチワワのワサビという子を連れてきた。
友達のを半日預かっているのだ。耳がインフェクションしてるのでエリマキをつけて登場。
いやぁちっちゃいですな、チワワ。
カイルは膝の上にワサビを乗せられて本気でびびっていました。
触るのも嫌らしく、”カイ〜、俺の膝からこいつをどけてくれよ〜う!!!”と叫ぶ。
大きい犬は大好きだけど、小さい犬はまじで苦手なのだそうだ。普通逆だろう?
c0048504_1575056.jpg

パズは興味津々。ワサビも小さいわりに怖がらずに遊びたがっていました。でもパズはエリマキが嫌い。ワサビとは遊びたいけどエリマキは嫌だ、でも遊びたい、あぁ〜でもぉ、でもぉ…。
というジレンマでもだえ苦しむパズ。

c0048504_2145596.jpg

夏休みに入ってから、家は一気に家族が増えています。
覚悟はしていました。
メシは大勢で食べる方がおいしいしな。
[PR]
by maivenice | 2005-06-29 02:28 | Pet