カテゴリ:friends( 21 )

萌え〜

わーい!
トーキョーのセレブなかわいこちゃんから贈り物が!
じゃーん。
c0048504_251079.jpg


見よ、この素晴らしいめんつ。
カノアにクリプレも。
消しゴム作るやつ。
これは楽しい!
日本のグッズってすげーな。
そしてこのカツ代スポンジ。
これもすごいっすよ。
もうこれ以外使えない!ってくらいすごい。
さすがカツ代ざんす。
スポンジをホールドする便利なものも。
このスポンジは前回彼女がLAに来てくれたときにおみやでもらって、それ以来はまりんぐ。
今回はこれを2個も!
柿の種チョコにいたっては封を切った瞬間にみんなで食べ尽くしました。
3袋入れてくれたんだけど、すでにのこり1。
まいうー。
この写真に写る前に食べちゃったチョコとか、すぐにオレのポケットに入った
超調子いいリップなんかも入ってました。
乾燥肌のオレはリップなしでは生きていけないのだ。

こんなにうれしいことありません。
なにがって、その気持ちが!
だってさ、忙しい中あれこれ考えて選んでくれて、
しかも一個一個にうれしいメモ書きまで。
涙。。

ありがとう。
ポワワン。
[PR]
by maivenice | 2010-01-10 07:02 | friends

明日はターキー。(RIP)

もうサンクスギビングです。
早いです。
うちの場合、ここからもうノンストップな感じ。
感謝祭のすぐあとはカニョの誕生日。
そしてクリスマス、正月、海の誕生日、とドドドーーーッと。

ま、とりあえずサンクスギビング。
オレの場合、何に感謝するかと言ったらそりゃもう両親と家族が一番。
両親にオレという人を創ってもらった幸せよ。
ディーンにはほんとに感謝しっぱなしだし、
子供たちには親として育ててもらってます。
そして同じくらい大事なのは友達。
国境を越え、年齢を越えた大事な友達がたくさんいます。
ありがたいなー。
オレの場合、友達でいるのに大事なポイントは、
いろんな意味での価値観が一緒ってのもそうなんだけど、
同じぐらい大事なのは、笑いのツボが同じこと。
お互いのくだらなーい発言や行動をピッとわかりあえること。
お笑いでも、普段の生活の中にでもあるおもしろいポイントでも、
同じことで笑えるとすごく萌えます。
くだらないことで一緒に涙するほど大笑いできるのはほんとに嬉しい。
あと、イヤなことが同じというのも長く付き合って行く上では大きなポイントですな。

ということで、友達でいてくれてありがとー!
感謝やで。
yay!
c0048504_2471988.jpg

[PR]
by maivenice | 2009-11-25 23:56 | friends

土佐くんのサーフメヒコ

土佐くんが彼のブログであたいのことをかっこよく紹介してくれました。
嬉しかったので今度は私が土佐くんのことを。

土佐くんと出会ったのは私が高校生で故山本さんのオリオンサーフボードに乗っていたころ。
若かったわぁ。。(遠い目)
オリオンの工場で働いていた鈴木くん(クマさん)の友達だったのが土佐くん。
ちなみに、君呼ばわりしてるけどさ、年は上なんですよねー。
偉そうでごめんやでー。
トササンって言いにくいし。
どこかの国の食べ物の名前みたいだし。

その頃、私の鵠沼の実家には本当にいろーんな人が勝手に出入りしてたんですね。
みんなサーファーで、家を海の家として勝手に愛用していた人ばかり。
土佐くんもいつの間にやらしょっちゅう顔を出してました。
波のありそうな日の前夜には必ず泊まリに来てたしね。
彼はそのころKノクニヤに勤めていたので家に入ってくる時は
”こんにちはー!Kノクニヤですぅ”とデカイ声で登場。
このデカイ声での挨拶、アンド我が親父くんの好物のポメリーのマスタード大瓶
などの手みやげを持っての登場なので、家では人気のゲストでした。
そのころ私はサーフィンに夢中だったのだけど、今と違って子供はもちろん、
若い女子のサーファーはとても少なっかたので、自分の周りはサーファーのセンパイばかり。
自然に大人に囲まれていることが多かったのですね。
そんな中、土佐くんは大人なのに大人と違うなんだかすごく純粋な心を持った人で、
年下の私にも偉そーな話し方もせず、ともかくもう死ぬほどサーフィンが好き!
そして何よりユニークで、ある意味斬新な人でした。

ある台風の夜、例によって土佐くんが泊まりに来ました。
両親が出かけていて兄貴と私と2人だけだったので、じゃあ3人でラーメン食べに行こうって
土佐くんの運転で茅ヶ崎の”サッポロ軒”に。
ここのラーメンはすごく美味しかったんだけど、おじさんは恐くて有名でした。
無駄口とか大嫌いな感じの。
メニューは、しょうゆ、みそ、それにチャーシュー、にんにくかバターのトッピング、以上。
常連さんは大体”味噌バターにんにく入り”が好みだったように覚えています。
それなのに土佐くんは入るやいなや、”塩バターね”とか言っちゃうんだもん。
その場が一気に緊張しちゃったっつの。
おじさんムっと一言、”そんなのないよ。”
。。シーン、みたいな。
みんな唾をごくりと飲む、みたいな。
外は嵐の前、みたいな。
さすがに空気をよんで一気に緊張した土佐くん、”じゃあミショチャーソーで”
とか訳わかんないこと言って、おじさんをさらに苛つかせてました。
食べ終わるまで緊張した空気になってしまったので、
土佐くんはそのあと私と兄貴にすごく怒られたんでした。
忘れられない思い出です。
ぶふっー。
あ、これ土佐くんを知ってる人じゃないとおもしろくない話かも。

エニウェイー。
そんな土佐くん、めっちゃ楽しそうなことをやっています。
相変わらずサーフィンが大好きで、こんな素晴らしいサーフィンをもっともっと
広めたいという気持ちから始めたそうです。
サーフメヒコ
かなり楽しそうなサーフィンスクール。
サーフ&ヨガとかね。
今度日本に行ったら私も絶対に参加したいと思っています。
何より、この土佐くんの素晴らしい人となりを知って欲しい思いです。
みなさまぜひともチェキラーウ。

あ、そうそう。
いつまでも変わらない純粋な土佐くんのことも好きだけど、
私がもっと大好きなのは土佐くんの長年のガールフレンドのKルちゃんです。
きゅん。

c0048504_3412411.jpg

[PR]
by maivenice | 2009-08-04 04:03 | friends

またまた二日酔い。最後のあの一杯がいけなかったなー。。

連休でした。
今日まで休み。

レイカーズ横目で見ながら書いてます。
情けねー。。。
レイカーズの時は、コーチになり、解説者になり、プレイヤーになり、ファンになり、
一人で大騒ぎなのでとっても疲れるんです。
今日の試合はいかんよ。
もうダメだー。。

週末は私がこの仕事を始めたころからのながーいおつきあいのレニーちゃん
遊びに来てくれました。
彼とは、お互いになんだか他人とは思えずに家族付き合い。
アンクル・レニーなんです。
レニーちゃんはすんごいミュージシャンで、間違いなくトップのパーカッショニスト。
お仕事でもいつも超クールな演奏をしていただいておりますです。
グウェン・ステファニのツアードラマーのまこっちゃんもやって来てみんなでワイワイ。
ディーンのめっさ美味しいパエリヤ、クスクス、ラムとチキン、グリル野菜。
ぺろり。
c0048504_12261741.jpg

楽しかったなぁ。
やっぱり気の合う友達とのディナーは楽しくておいしいね。
夜遅くまで外で盛り上がりました。
c0048504_12345070.jpg



あ〜あ、レイカーズ。。頼むよもう。。
[PR]
by maivenice | 2009-05-26 12:40 | friends

犬グッズ

らりらりらーん。
4連休は楽しいなぁ。
カイはホーミーとオーシャンサイドにサーフトリップだし、
カノアは日々お友達とのプレイデイトで忙しいし。
素敵な連休である。

マブダチが犬の首輪を手作りしています。
見せにきたのでパズをモデルにパチり。
これは花冠り系な。
c0048504_1303347.jpg

水玉ちゃん。
c0048504_1322163.jpg

かわいこちゃん。
c0048504_133123.jpg

ぼんぼりちゃん。
c0048504_1341698.jpg

チロリアーン。
c0048504_135241.jpg

そしてオレのオキニ。
お題は”ペティングズー”
男子女子の子供とさまざまな動物がついてやんの。
c0048504_1354055.jpg

おもろいけど、全く実用的じゃない。
この全く実用的じゃないけどおもろシリーズはサファリ、
ジュラシックパークといろいろ。
おされなのももっとたくさんあります。
彼は首輪以外にも、ベッドや、車の中の犬用シートなんかも
手作りしてます。

興味のある方はコメントくださいませ。
そう、今日はコメント有りなのだー!
[PR]
by maivenice | 2008-11-30 01:58 | friends

ヴェニス楽園時間

アボットキニーフェスティボーおもろかった!
人がすごくて参ったけど。
好きなバンドも見れたし、かいもよく働いたし、
かのあも恒例のフェイスペイントとボディーペイントして満足だったしな。
c0048504_134531.jpg


日本から友達カップルが遊びに来てました。
3泊だけど、しっかり遊んだ3日間でした。
毎晩記憶喪失、って。。

この2人とも長い付き合いだなぁ。
彼の方は13年くらい前に仕事で出会ったのですね。
バンドの1人(とは言えボーカル&作詞担当で、スター!)
だったのだけど、すぐに気が合っちゃってマブに。
毎日徹夜のレコーディングだったけど、ムードメーカーの彼のおかげで
楽しく徹夜できたかも。
いろんなことがありました。。(遠い目)

そんな彼とはそのあとも仕事以外でも遊ぶようになり、
日本に行けばオレの実家にも泊まりにきたりした。
オレの親父くんの高い酒を2人で飲みきって叱られた事もあった。
味わって飲むものを、べろべろになって流し込んだのが許せなかったらしい。
ごもっともである。
父ちゃんメンゴやで。

彼にかわいいガールフレンドができて、2人でココに来たり、
ガールフレンドだけでココに来たりもあったり。
今回は4年ぶりに2人で登場。
こんなに沢山の素敵なお土産!
c0048504_0575897.jpg

そしてさらにでかいパック入りの焼酎X3(!!)も。
サンキューな!
また来るの待ってるよー。

ということで、仕事に戻っています。
おっしゃ〜。
[PR]
by maivenice | 2008-10-03 01:12 | friends

マイ箸入れ

幸福者の私には素敵な友達がたくさん。
日本を離れてもう23年も経っているのに、しかも
最近は8年ぶりとか5年ぶりに帰る、という感じなのに。
それでも帰ると、鵠沼にも、東京にも歓迎してくれる友達がいてくれる幸せよ。

湘南のマブダチ代表と言えばおーじ&けいちゃん。
前にも書いたけど、この2人とはもうあたいが高校生のころからの付き合いだもん。
先輩だけど、我が家全員のマブダチです。
彼らは年に1、2回、私たちに会いに来てくれる。
スーツケースX2にたっくさんの日本のステキな味覚とお笑いDVDを詰め込んで。
そして焼酎も。
ありがて〜!!

2人とも手が器用でいろんな手作りものもプレゼントしてくれる。
最近のヒット作はこれ。
c0048504_82336.jpg

マイお箸入れ。

これオージの手作り。
すげー!!
エコなプレゼント、ありがとー、とー、とー。(これはエコー。)

常にカバンに入れて持ち歩いてますよ。
大活躍です。
サンキューやで。

あと、オージは家に居る間に必ず家の全部の包丁を研いでくれます。
すんごく切れ味がよくなって、料理も楽しくなるんだよね。
切れなくなるまえに来てネん!
待ってるよー。
[PR]
by maivenice | 2008-02-02 08:46 | friends

舌鼓

LAからサンディエゴにかけて山火事が収まらずにひどいことになっています。
胸が痛いです。
どうか早く火がおさまりますように。

日曜日はハリーの家のリーダーのお誕生日。
みんなで、一見さんお断りの知る人ぞ知る沖縄家庭料理を食べて
お祝いをしてきました。
とにかくおいしいの一言だったのです。
初めて本格的な沖縄のお料理を頂いのだけど、その美味しさったら!
ラフテーはとろとろだし、ニガウリの酢の物も爽やか。
ジーマミ豆腐ってこうなってるのか!
チャンプルも最高なら、そーきそばってなんて美味しいの!
やられました。
美味しくて楽しくて、気が合う仲間と食べる食事。
最高ですな。

誕生日カードはお手製ですのよ。
カノアとディーン、それぞれハリーの絵を描きました。
c0048504_1321142.jpg


今週はレコーディング。
今回はなんだか余裕な気持ちでセットアップ。
このまま何事も起こらずに無事に終わるといいけどな。。
[PR]
by maivenice | 2007-10-24 01:36 | friends

飲んだ


みなさんに励ましてもらって戻ってきました。
なんかちょっとハズカスィ〜です。
いつも現実逃避なので真っ向からこられるとやられちゃうオレ。
若い頃はささっとよけられたんだけど、永遠の39才にはちょっと重かったわ。。
多くの友達に、そして会ったこともない方たちからもたくさん応援してもらって
すっかり立ち直りました。
かなり苦かったけど、しっかりかみ砕いて飲み込みました。
ゴックン。
もう前進しております。

元気になってから、同じ業界で働いて同じハーフでもあるディーンの大親友の
誕生日を彼の家でお祝いしてきました。
そこでなんと1本100ドル!の赤ワインをみんなで飲みました。
クライアントからのプレゼントらしい。
もうその美味さったら!
like butter!!
普段はふんばっても10ドル以下、大抵は5ドル以下のワインしか飲んでないからね。
ほんとに美味しかったわぁ。
今でもうっとり。

c0048504_2275692.jpg

酔っぱらってこんな写真しか撮れなかった。。
[PR]
by maivenice | 2007-05-12 02:33 | friends

そして

Aちゃんと私、無事に卒業。
そのあと、私もAちゃんも学校から一年だけもらえる働けるビザで仕事開始です。
私はセンチュリーシティーで、スカートにヒールで秘書をしましたわ。
あぁ、懐かしい。。
Aちゃんはファッション系ね。
そして週末は相変わらず、パーティーや、クラブに派手な格好で行ってました。

そんな日々の中、なんとわたしくしNっちゃったんです。
ザ・妊娠!!
25才という若さでできちゃった婚です。
周りはまだバリバリに遊んでいたし、つわりはひどいわ、旦那はひどいわ、で
1人つら〜い妊婦期だったんでした。
でもAちゃんとは電話で話したり、たまにディナーに行ったり。
お腹の中の子が男の子とわかると、
”ハーフの男でLAに産まれるなんて最高だよ〜。オレが立派なゲイになるように
ばっちり英才教育してやるよ〜”
と張り切っていました。

ある日、Aちゃんからいつものように電話が来たんです。
なんだかとっても落ち込んだ声で。
”オレさぁ、日本に帰らなくちゃいけなくなったよ”
と言うんです。
”なんで〜〜?”とショックな私。
”今、ママと電話きったところなんだけどさ。。。ばれちゃったんだよ。。”
”なんで、どうして〜〜!!?”
”オレの部屋に隠しておいた彼氏との写真とか、男の裸の写真をママが見つけたんだよ。
それですごい取り乱して電話かけてきたんだよぉ。。”
あぁ、こんな日がいつか来るかとは思っていたんだ。

Aちゃんとママの会話はこう。
”あんた!ママ見つけたのよ!写真!!どういうことなの!!”
”なにがぁ?あれはオレの友達のだよ〜”
”ウソおっしゃい!ママにはわかってるのよ!”
”そんなにおこらなくたっていいじゃん!”
”あんた!男と寝てるのね!!”
”もう。。そんなオレのプライベートなこと聞かないでよ。
オレだってパパとママのベッドの中のことなんて聞かないんだからさ。。”
”。。。じゃあ、言うわよ!!パパとはしばらくご無沙汰です!!!”
”。。。。。。。”

このAちゃんのママは、前にも言ったようにお言葉のお全てに”お”がつくような
お最高にお上品なオクサマである。
そんな彼女を”パパとはしばらくご無沙汰”とまで言わせた自分を激しく責めた
Aちゃん。。
まず帰国して落ち着かせなくてはと決心したのだ。
そうしてその電話から一週間も経たないうちに日本に引きあげて行ってしまった。

最初の頃は手紙のやりとりをしていたけど、お互いに忙しくなってしまい
そのままになってしまった。
今だったらメールで手っ取り早くキープインタッチできたんだろうに。

淋しいことに、今彼がどこでどうしているかわからないけど、
ともかく元気に幸せでいてほしい。
ラヴ&ピース!

今年の桃、良い感じです。
c0048504_2251836.jpg

[PR]
by maivenice | 2007-04-27 02:41 | friends