post office にて

今日、郵便局に行った。
曇った午後、ヴェニスの郵便局は相変わらずまったり。
隣の人、肘のところにステッカーのような紙切れのようなゴミがついている。。
急いでいる様子で送り先を書きながら並んでいるし。
なんか、小汚い格好。お財布はもう5年以上使ってるね。
おいおい、靴も汚いぞぉ。両手首にはこれも年季の入ったプロミスリング。
それにしてもなんか落ち着きがないなぁ。
すぐ来るから、順番。
大人しく待ちなさいね。
あぁ、もう気になるなぁ、この肘のゴミ。
言おうかなぁ。。どうしようかなぁ。。
気づかれないようにそっと取っちゃおうかな。。
あぁ、もうがまんできない!
”あのぉ、肘のところになんかくっついてますよ”
"あ、ありがとう”と照れ笑い。
あれ、待てよ、このルックス、そしてやや変な声。。
おお!なんと、Viggo様じゃん!!!
アラゴ〜ン!!
彼がヴェニスに住んでいるのは有名だし、カイは彼の息子とも会ったことがあるらしいけど。
こんな目の前に!
しかも私だけに向けた照れ笑い!
むふふ。


でもあれね、ヴェニスってさすが。
Viggoさまだろうと、なんだろうと、いつもと変わらないもんね。
郵便局の人もかなり普通な対応。
当たり前か。

この先、Viggoさまのインタビューかなんかで
”この前郵便局で肘についていたゴミを取ってもらったんだよ〜、ハッハッハ!”なんてこと言ってたらそれ、私のことね。
ま、絶対言わねぇな。。。
c0048504_704838.jpg

[PR]
by maivenice | 2006-04-26 06:51 | venice


<< なんでもない日。 おいしい。 >>