自慢男


サウスビーチダイエット、phase1もラストスパートです。
これが終わると、phase2に入るわけです。そうすると一日に一個、今までだめだったものを取って良いという感じ。私は迷わずアルコールを選びますけど。。

夜、酒飲まないでいるのではっきりとした頭でいろんなことを考えたり、思い出したり。

カノアが産まれる前だから、大体6、7年前か。
某軽自動車のコマーシャルで、あるハリウッドスターが出演していたやつの仕事で、私はロケハンの手伝いにかり出された。日本から来たプロデューサーと2人で2日間、運転しまくりでいろんなロケーションを見て回ったのだ。丸2日、運転ばっかり。。
それも大変だったんだけど、もっと大変だったのはそのプロデューサーが恐怖の自慢ヤローだったことなのだ。
先にも後にもあれほどの自慢をone on oneで聞いたことはありませんよ。。。

「僕ってサー、ハーフみたいじゃない?髪の毛の色もうすいし、肌も白いし。小さい頃はよく”混血〜!”っていじめられたんだよねぇ」
「そうなんですかぁ。。」(絶対間違えね〜よ!コテコテの日本人顔じゃん!)
「僕はさぁ、もうなんでも持ってるじゃない?一軒家も持ってるし、車もアルファロメオだしさぁ。もう欲しい物ないんだよねぇ」
「すごいですねぇ。。。」(一軒家ってよく聞いてみたらご両親とすんでいるご両親の家だった。)
「女の子とつきあってもさぁ、本当に僕のことが好きなんじゃなくて、僕の名声とか財産が目当てなんじゃないかって思っちゃって、長続きしないんだよ。」
「そうなんですかぁ。。」(名声って。。。ただのサラリーマンやんけ!}
「クラブ行ってもさぁ、高い酒バンバン飲むから、もうホステスが放っておいてくれなくてねぇ。」
「そうなんですかぁ。。。」(それ、会社の金なんだろ〜!?}
「僕は寝なくても全然平気なんだよ。業界じゃ、徹夜は当たり前だしね。寝るの好きじゃないんだ。車に乗ってすぐ寝ちゃう奴とか信じられないなぁ」
「すごいですねぇ。。。」(はぁ?さっきまで大イビキかいて寝まくってたじゃん!!)
「しかし、この車遅いねぇ。これが僕のアルファロメオだったらもう前の車5,6台は余裕でぬかしてるぜ」
「すごいですねぇ。。。」(はいはい、もうわかったから)
「僕は毎週末、アルファロメオで遠出するんだよ。すごい飛ばしてね。君なんかびびっちゃうよ。」
「すごいですねぇ。。。」(誰か助けてくれ〜!!)
「あぁ、本当にこの車おそいなぁ。何馬力なの?僕のアルファロメオだったらなぁ」
「すごいですねぇ。。。」(もうわかったって!!}
「僕のアルファロメオは日本にも何台かしかない特別のなんだよねぇ」
「すごいですねぇ。。。」(誰かぁ、この男を止めてくれ〜〜!!}
「僕は海外慣れしてるじゃない?もう和食なんて絶対に食べないね。その国に行ったらその国の物食べなくちゃだよなぁ。海外に来ても和食ばっか食いたがる奴の気が知れないよ。僕なんか、メキシコ行ったときは毎日メキシカン食べてたけど全然平気だよ。やっぱりルックスも外人ぽいから、どこに行ってもすぐになじめるんだよなぁ。」
「すごいですねぇ。。。」(神様ぁ!!この男を殴って気絶させてもいいですか〜〜〜!!!)
私の人生で、あれほどちくわ耳になったときもないな。(注、耳の間にちくわが入って空洞になった状態。要するに聞いたこと素通りね)
このあと、急カーブのところで、彼の希望で運転させたのだけど、自慢していた腕とは裏腹に超注意深く、カーブ前にいちいちクラクションまで鳴らして私を驚かせてくれました。
これ、全部本当の話です。
その夜、彼の希望で寿司屋で飯でした。。。

車という密室で2日間、自慢話オンパレード。
自慢っつうか吹き。あまりにすごすぎて笑っちゃうけど、あの時は楽しめる余裕はなかった。
本当に辛かったぁ。
思い出しちゃったよ。
あぁ、早くアルコール注入したいぜ。

カノア、鼻の穴全開でロックしまくり。即興でいろんな歌を披露してくれる。
神童ぶりを発揮。
c0048504_1123454.jpg

[PR]
by maivenice | 2006-02-17 11:32 | 仕事


<< ヘルシー! 祝!初バイク >>