サーファソン

昨日は盛り上がりました。
カイは6時半に起きてました。
学校の朝は起きられないのに、こういうときは早いのね。
天気は最高。風も弱く、波は腰〜おなかくらい。

私とカノアは10時半ころタラタラと行きました。
カイはジャッジしてました。
ジローは集計がかり。
彼は今回サーファソンに協賛している上に手伝いもしてくれたのだな。
c0048504_245540.jpg

カノア、人に抱っこされている姿を見てすごく大きくなったなぁとしみじみ。
c0048504_295746.jpg

小さい頃からいつもカノアを抱っこしているパーラも”カノア重くなったぁ!”と淋しそう。

老若男女が集まり楽しい雰囲気で進むサーファソン。
c0048504_2183575.jpg

カノアは他のこどもたちと遊びっぱなし。
誰とでもすぐに仲良く遊べる。子供って素場らしい!
おかげで私もゆっくりと観戦できたのだ。
c0048504_232612.jpg

c0048504_2341116.jpg


夕方、みんな家に帰ってきた。
そして当然みんな腹ぺこだ。
サンドイッチとケサディア(すごい組み合わせだな)を作ってみんなでモリモリ食べた。
それからテクテク歩いて、カノアはワゴンでジローがひっぱてくれてパーティー会場へ。
先ずは表彰式。
c0048504_2412083.jpg

ここでジェリーからカイにサプライズ。
試合に出ていないカイに”most outstanding surfer" awardが贈られたのだ。
ジェリーのスピーチで、カイは毎回いろんなコンテストで文句も言わずに必ずきっちりと手伝う、サーファーとして、スケーターとしてのマナーがきちんとしている。友達、家族を大切にしているなどという理由からカイにこれを捧げたいというようなことを言い、みんなから拍手喝采を受けたのだ。涙が出ました。横にいたジロウに”泣きそうになっちゃった”と言ったら”ボクもです。”と言ったのでまた涙が出てしまった。
c0048504_2481423.jpg

カイはスケボーと盾をもらった。
ジェリーはカイだけでなく、ベニスの若い子達みんなをかわいがっている。
こういう人はローカルにとって貴重な存在なのだな。
若い世代がちゃんと育つというのはその地域の未来に関わるからな。
c0048504_2504017.jpg

このスケボーについているウィール、すごい奴らしい。
c0048504_2515062.jpg

カイはこのウィールは外して大事にとっておくそうです。

ジェリー本当にお疲れさま。
来年も楽しみにしてるよ。
[PR]
by maivenice | 2005-11-07 03:06 | venice


<< やる気のない日々 そう言えば >>